13年超過車の自動車税・重量税 割増はおかしい

公開日:

13年超過車の自動車税・重量税 割増はおかしい

車を所有しているだけで支払う義務がある、自動車税と重量税。しかも13年超過した古い車は自動車税と重量税が割増になっています。毎年5月になると自動車税納付書が送られて来て、急な出費は痛いですよね。

まぁ、所有しているのですから支払うのは当たり前として、おかしいのは13年経ってる車は割増し料金を支払うこと。

古い車だからって環境に悪いと一概に決めつけるのも変な話。エコカー減税で減った税金分を古い車の所有者に負担させているように思えるのです。

長く乗り続けてると、故障もするし今回のテーマである自動車税と重量税が割増しもされます。複数台所有している家庭や事業者などは、5月に一気に支払う必要があるので痛い。

例えば13年超過した1t~1.5tの普通車が3台もあれば、34200円×3で10万円以上のお金がポンと消えてしまうことにΣ( ̄ロ ̄lll)

これが18年超過だと一台あたり、34200円が37800円の割増しになります。

せっかくローンの支払が終わって、あとは長く乗ろうと思っても、ヒタヒタと追いかけてくるこの割増し税金って何でしょうかね。ほんとおかしいです。

とはいえ、愚痴ってばかりではなく、もっと賢く対応していく必要があるのは?とも思います。

急な出費で腹立たしいのであれば、毎月一定の金額で、しかも毎年5月に支払う必要がある自動車税も無し(毎月の支払額の中にコミコミ)のカーリースが良いのかもしれませんね。

あと、シニアの方が乗るには安全装置がついた最新の車が安心で安全ですよ。

コメントは受け付けていません。