【軽自動車】音(オーディオ)やサウンドシステムにこだわるならこれ

走りや燃費はどうでもいい。音にこだわった車、特に軽自動車を探しているなら「ホンダN-BOXスラッシュ」が良いです。

ただ、X・ターボ インテリアカラー パッケージは標準装備ですが、G・L インテリアカラー パッケージ、G・Lターボ インテリアカラー パッケージはメーカーオプションとなっているので注意。

N-BOX SLASHの室内特性に合わせた音響チューニング機能『音の匠』により、さらなる高音質をお届けします。またサウンドマッピングシステム装備無し車でも、ハイグレードスピーカーシステムと同時装着することで、音質がぐっと向上。N-BOX SLASH専用音響チューニングが、スピーカーの能力をあますことなく引き出してくれます。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/nboxslash/special/audio/

gooの「自動車&バイク」のページにも紹介されていました。

車両の開発コンセプトは「クルマ1台ミュージックBOX!」なのである。 開発責任者の趣味を反映した!? オーディオへのこだわりはすさまじく、ディスプレーオーディオと組み合わされるオーディオシステムは、詳密なサウンドマッピングに加え、前席部分にFOSTEX製17cmバックロードホーン型サブウーファー(足もと)、17cmケブラーコーンスピーカー、アルミドームツイーター、後席部分に12cmケブラーコーンスピーカー、アルミドームツイーターを配置。 8+1スピーカーをパイオニア製7チャンネル、 360Wのアンプで駆動する、重低音から高音までクリアに再生する軽自動車用として本格的すぎるシステムであり、サブウーファーの音をリスナーの前から再生するのが肝となっている(一般的にはトランクに設置)。

引用:https://autos.goo.ne.jp/news/webcartop-405791/

Twitterでもなかなか評判よさそうですね。

あと、All Aboutにも記事がありました。

サウンドマッピングシステム装備車には防音材をプラスして静粛性を向上。もともと、N-BOXスラッシュは、軽自動車の基準よりも上のスモールカー基準で作り上げているため、静粛性は一般的な軽自動車よりも優れているのだが、サウンドマッピングシステム装着車は、さらにワンランク上の静粛性を実現している。

引用:N-BOXスラッシュのサウンドマッピングを聴いた

燃費もまずまずですが、それより音楽にこだわるって方におすすめの一台ですね。

【人気のマイカーリース】

コメントは受け付けていません。